人を幸せにする素晴らしい職場を知る

現状を知る

障害者雇用に必要なもの

障害者雇用と聞くと知的障害の人や身体障害のある人を雇用するということを思い浮かぶ人も多いのではないのでしょうか。しかし近年では、うつでいったん仕事を辞めてそれから復帰する際に精神障害者として障害者雇用を利用するケースも増えてきています。 障害者雇用に当たっては、養育手帳という障害者であることを証明するものが必要になる場合があります。その場合は市役所にある福祉課に行き書類をもらい、自分の通院している病院で医師の診断書をお願いするのが一般的です。注意するところは、診断書が出来上がるまで1週間程度かかるので、障害者雇用として働きたいという方はなるべく早く手続きを済ませることをお勧めします。直前になってあわてないようにするのも準備が必要です。

障害者が働くにあたっての悩み

障害者雇用の方が一般雇用よりも周りの理解やフォローがあったりするところが多いです。たとえ一般雇用で会社に就職しても、周りの理解がなければ仕事を続けることも困難になってきます。体調も不調になり悪循環になります。 それなら障害者は障害者雇用で働くべきだという考えはどうでしょうか。現状、地方では障害者雇用枠が少ないという現実があります。働きたくても働けない障害者は沢山います。少しでも多く障害者雇用が増えれば障害者に優しい社会にはなるかと思います。理解してもらえるように学習会やセミナーを開いたりして現状をもっと知ってほしいです。障害者は雇用しないという考えはもう古く、会社側も積極的に雇用を進めてほしいものです。