人を幸せにする素晴らしい職場を知る

仕事を知る

施工管理技術者派遣が増加する傾向

公共施設の老朽化が問題視される中、その工事を請け負う業界の人手不足の影響で施工管理の派遣が急増しています。バブル崩壊後の採用制御により現在の働き盛りである30代から40代の人員が大幅に減っているからです。その人手不足を補う為に各建設現場に経験者優遇で派遣社員を送り込んでいます。施工管理は未経験者が即戦力として使えるような仕事ではありません。そのためほとんどのところで経験者が必要になってくるのです。大きな企業であっても現場数が増えれば配置する人員も増えるわけです。いくら社員が多くてもそれでは結果的に人手不足になるのです。そのような時に派遣社員に依頼する形で賄うのです建設現場に酔っては規模によって技術者の常駐義務があるので企業側は派遣のサポートが必要になってくるのです。

施工管理のとはどのような業務なのか

施工管理にはどのような業務があるのか。それは派遣社員でもそこに属する社員でも仕事内容は同じものです。施工管理技術者に求められるものは「工程管理」「品質管理」「安全管理」「原価管理」と様々で、そのどれもが経験を積まなければ務まることの出来ない高等管理業務です。勿論派遣された社員にも求められることです。工程管理は現場に入る専門業者の動向把握になります。いつ、何が搬入されてどこの業者が何人やってくるのかなどを管理し、計画通りに工事を進める管理能力が必要です。品質管理は水漏れ、強度不足などの不良がないかチェックします。安全管理はその名の通り現場での不安箇所や不安全がないかをみます。原価管理は予算に対する管理で現場の根幹的業務の一つです。